会津若松市の洋食・カフェ・各国料理 会津若松市で燻製とスープカレーの店なら|Soupcurry&Dining tipu(ティプ)

画像1

北欧風で木の温もり溢れる店内。白を基調とした落ち着いた雰囲気です。

画像2

コースメニューやアルコールも取り揃えております!コースメニューはコチラをご覧ください。

画像3

各種イベントへの出店承っております!お気軽にご相談ください!(写真は西会津雪国祭りに参加した時の様子です。)



 

アプリ 『JOYIN (ジョイン)』
ダウンロード方法
 
Soupcurry&Dining tipu
(ティプ)
 登録方法】

①JOYINの検索からIDで登録をタップ

 ②店舗ID 『5426』 を入力し検索

 ③出てきた画像の下の
クリップマークをタップ

 ④登録完了

 最新情報が届きます!
 

新着情報

2021.11.20

【忽布古丹醸造 樽生 茶番劇 ブラウンエールの開栓です】

Northern English Brown Ale
ABV 4.0  IBU 25

茶番劇とは「結末が分かりきっている馬鹿馬鹿しい行ない」を指します。歌舞伎に由来する言葉のようで、下手な役者が手近なものを利用して滑稽な寸劇や簡単な芝居したことに由来するそうです。ネガティブな意味として使われることが多い言葉ではありますが、手近にあるありふれた素材で、人を笑わせたり、聴衆を満足させたりすることがいかに大変だったのか、私たちにはなんとなく分かる気がします。醸造士もIPAほど売れないと分かっていながらも、今回のブラウンエールのようにホップが主役ではない「地味」で「つまらない」と思われがちなビールを仕込み続けています。それは、このスタイルの本当の美味しさに気づいてもらいたいからです。このビールの魅力に気づき、大変気に入ってくれている方たちにも何度だって喜んでもらいたいのです。似たような演目に見えても、毎回少しずつ違って、回を重ねるごとに良くなっていく様をご覧いただき、ブラウンエールというスタイルの面白さを知っていただきたいと願っています。
実はブラウンエールといっても英国と米国でも大きく異なり、米国のブラウンエールはホップがよく効いていたりします。英国のブラウンエールは北部と南部で特徴が違います。今回は北部のブラウンエールにスポットライトを当ててみました。ブラウンエールをよくご存じの方こそ、ドライなフィニッシュと、意外と炭酸が強いことに驚かれるかもしれません。これが北部のブラウンエールの特徴なのですが、それでも勿論ブラウンエールらしく、充分にモルティーで、ナッツやビスケットのような麦芽の豊かな味わいが楽しめます。それなのにこんなにさっぱりとしたのど越し。こんなおいしいスタイルを知らない人がいるなんて本当に嘆かわしいことだと思います。私たちは、いつかブラウンエールが起こす番狂わせを夢見ています。



COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと会津は一切の責任を負いません