会津若松市、離婚・相続などでお悩みなら斎藤美津子行政書士事務所・カウンセリングルーム野の花

会津若松市の暮らしに役立つショップ 会津若松市、離婚・相続などでお悩みなら斎藤美津子行政書士事務所・カウンセリングルーム野の花

新着情報

2021.06.02

お悩み相談 【家族の悩み】

Q
31歳 女性 こども4歳児。二人目について。
私自身、姉がおり、きょうだいがいる良さを身をもって知っていますが、また新たに産み育てる大変さを想像すると踏み切れません。育児の幸せも実感しますが、二人育児はキャパを越えてしまいそう。

A
無我夢中で育ててこられて、今やっと4歳になられたんですね。今ちょっとホッとしているところでしょうか。よくわかります。私事ですが、私も最初の男の子は神経質で手がかかりヘトヘト…もう沢山と思いました。でも、二人、三人となったときに、上の子はどんどんしっかりしてお兄ちゃん・お姉ちゃんの自覚が芽生えてきます。大変なお母さんのお手伝いをしたい、赤ちゃんをあやしてあげたい、等々。ちょっぴり役に立ってくれることもあります。邪魔という意識でなく、「助かるわ」「ありがとうね」という言葉と一緒に育児に参加させてください。お母さんも助かるし、下の子もお母さんと二人より、兄弟姉妹が一緒の方が喜びます。子供と親一人対一人の関係よりも、張り詰めた気持ちが緩みます。育児はお母さん一人でと思うとキャパを超えてしまうのではと考えますが、お母さんが中心になって家族でと思って下さい。姉妹のいるあなたならきっとわかると思いますよ。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと会津は一切の責任を負いません