MENU

会津若松市の観光・白虎隊|飯盛山(いいもりやま)

会津若松市の観光地

名所のご紹介

Historic site

名所のご紹介

Historic site

会津若松市の観光・白虎隊|飯盛山(いいもりやま)

会津若松市の観光地

名所のご紹介 Historic site

白虎隊とは

白虎隊とは

白虎隊は、戊辰戦争(会津戦争)に際して会津藩が年齢別に編成した四部隊の一つです。最も年齢の若い16歳から17歳の会津藩士の子息によって構成されました。
他にも朱雀隊、青龍隊、玄武隊も組織されていましたが、白虎隊は実際の戦闘に出る予定はなく、主に警護の為の予備隊という位置づけでした。
しかし、戊辰戦争が始まり戦場が会津に移ることで、藩主松平容保公から出陣命令が下され、白虎隊は戦火の中に身を投じることとなります。
戸ノ口堰洞穴

戸ノ口堰洞穴

猪苗代湖から会津地方へ水を引くために掘られた洞穴です。戸ノ口原の戦いで傷つき退却した白虎隊士たちが、鶴ヶ城の様子を確認する為、この洞穴を通って飯盛山へとたどり着きました。



現在でも農業や工業用水に使用されています。
白虎隊十九士の墓

白虎隊十九士の墓

自刃した白虎隊士19名が今もこの地に眠っています。その悲劇の物語は多くの人々に知られ、参拝客が弔いに訪れており、春と秋の年2回行われる墓前慰霊祭では、白虎隊を偲びその霊を慰める剣舞が奉納されます。
横には会津各地で戦い、命を落とした白虎隊士31名の墓も築かれている他、本来は非戦闘員であるはずの少年や婦女子が戦いに巻き込まれたことを表す石碑も建てられています。





今も地元の人や観光客からの献花が絶えません。



戊辰戦争で殉死した女性たちを弔う会津藩殉難烈婦の碑です。会津には大河ドラマ「八重の桜」で有名な新島八重のように、勇敢に戦う女性も多くいました。
白虎隊自刃の地

白虎隊自刃の地

負傷者を抱えながら飯盛山に落ち延びる白虎隊でしたが、戦闘による市中火災の模様、黒煙と炎に包まれる鶴ヶ城を目の当りにします。自分達の至らなさで会津をこんな火の海にしてしまったといち早く会津の負けを悟った隊士たちは、戻って生き恥を晒すよりはと、潔く死を選びました。



この時城下で起こっていた火事を、城が燃えていると勘違いしたとも言われています。



ここからは今でも、会津若松市街を見渡すことが出来ます。鶴ヶ城は飯盛山から向かって左側に見えます。かなり遠くにありますので、双眼鏡があると見えやすいかもしれません。
イタリア記念碑・ドイツ記念碑

イタリア記念碑・ドイツ記念碑

イタリアの独裁者ムッソリーニは、日本の武士道を高く評価していました。彼は白虎隊のエピソードを知って感動し、ローマ市民の名をもって記念碑を送るよう命じます。
この記念碑は、ポンペイ遺跡から発掘された本物の石柱が使われています。序幕式には、高松宮殿下、イタリア大使をはじめ、若松連隊、イタリア海軍将兵の参列のもと、華々しく行われたといわれています。
表面に「文明の母たるローマは、白虎隊勇士の遺烈に、不朽の敬意を捧げんがため古代ローマの権威を表すファシスタ党章の鉞(まさかり)を飾り、永遠偉大の証たる千年の古石柱を贈る」、裏面に「武士道の精神に捧ぐ」と刻まれていた文字は、第二次世界大戦後に連合国軍によって削り取られました。



上部には、ローマ軍の象徴である立派な青銅の鷲が立っています。



ドイツ大使館に外交官として赴任したフォン・エッツ・ドルフ氏もまた、会津の若き少年を賛美し、昭和10(1935)年に碑と十字章を寄贈しています。
碑文は「ローマ市民寄贈の碑」同様、戦後に削られますが、昭和28(1953)年に復元されました。
 
飯沼貞雄(幼名貞吉)翁の墓

飯沼貞雄(幼名貞吉)翁の墓

自刃の際急所を外した貞吉は、飯盛山に引き上げた二十名の白虎隊士の中で、唯一の生存者になりました。
戊辰戦争・白虎隊の自刃に至るまでの詳細を貞吉が語ったことで、白虎隊の物語が世に知られることとなりました。お墓には、貞吉の遺髪と歯が納められています。
さざえ堂

さざえ堂

会津若松市の飯盛山にて建立された世界でも珍しい二重螺旋構造、「円通三匝堂(えんつうさんそんどう)」。その特異な構造や外観がサザエに似ていることから「会津さざえ堂」とも呼ばれており、市内でも有数の観光スポットとして知られています。
このお堂の特徴でもある二重螺旋構造は、のぼりもくだりも一度も人とすれ違わない一本道です。レオナルド・ダ・ヴィンチが設計した構想が、巡り巡って会津若松に伝えられたという説もあります。海外に二重螺旋階段の建築物はありますが、スロープ状の建物は世界にただ一つ、この会津さざえ堂だけです。建築史上貴重な建築物として、1995年に国重要文化財に指定されました。



サザエの様な螺旋を描く外観と斜めに造られた窓枠からも、建物の不思議さが感じられます。



かつて飯盛山には「正宗寺(しょうそうじ)」という寺院があり、その住職であった郁堂(いくどう)和尚が1796年に考案したと伝えられています。

その昔、会津さざえ堂には阿弥陀如来を本尊とし西国三十三観音像が祀られており、塔を一巡りする事で西国巡礼と同じご利益が得られると考えられていました。
お堂内は仏教の礼法「右繞三匝(うにょうさんそう)」に基づき、上りに一周半、下りに一周半し、合計三回転する構造になっています。三匝とは、「三度匝る(めぐる)」ことを意味します。





少し急なスロープが続きます。のぼりとくだりはすれ違いません。



参拝の証である千社札が壁や天井にびっしりと貼られており、当時の人々に大変重宝されていたことが分かります。

【拝観料】
大人 400円
大学・高校生 300円
小・中学生 200円
厳島神社

厳島神社

創建は、南北朝時代の1381年~1383年といわれ、地域の豪族・石塚、石部、堂塚の三家により社殿が造営されたのがその始まりとされています。
厳島神社の名は1868年の神仏分離令に際して改名されたものです。
創建のきっかけは、多数の童女を従えて現れた美しい霊妃のお告げによるものと伝えられ、社殿造営中も童女たちが姿を現し、人夫達に小豆ご飯を振る舞います。ところが、この小豆ご飯がいくら食べても減らなかったことから、当地の地名「飯盛」となったという説があります。





飯盛山の石段から外れた緑豊かな参道を抜けた先にあります。
隣には戸ノ口堰洞穴もあり、そばの御神木からは何百年にも渡るこの神社の歴史が感じられます。
緑と水路に囲まれた空間は清々しく、神聖な気持ちで参拝する事ができます。
宇賀神堂

宇賀神堂

17世紀後半に3代藩主・松平正容により弁財天像を神像として建立されました。
飯盛山で自刃した白虎隊士19人の霊像を安置しており、フランス風の洋服(軍服)姿をした隊士たちの像などが納められています。
木像は明治23(1890)年、隊士の墓を改修した際に合わせて造られたものです。






横には供養車があります。この車を廻せば悲痛な音を発し、これが冥土にとどいて白虎隊の霊魂を慰めるものです。下の石の台は中国伝説の獏(バク)といい、夢を喰らうため悪夢消滅が叶うと言われています。
酒井峰治と愛犬クマの銅像

酒井峰治と愛犬クマの銅像

酒井峰治は白虎隊の一人で、明治以降も生き残りました。
峰戸ノ口原での戦いの後、敗走中に仲間とはぐれますが、愛犬のクマと再会し、籠城戦に参加しました。明治維新後に『戊辰戦争実歴談』を書き記しました。
太夫桜

太夫桜

白虎隊記念館脇に立つ、樹齢300年のエドヒガンザクラです。
寛永三年(1626年)蒲生忠郷在城の頃、いつき太夫という名妓が、花見の頃この辺りで兇徒のために殺害されました。
その弟の南秀という滝沢南岳院の法師が、姉を弔うために墓畔に植えられたといわれています。
”会津五桜”の石部桜とともに会津二老樹と呼ばれています。