ぐるっとリンク

福島県郡山市のお菓子・民芸・地酒のお土産情報
福島県郡山市のお菓子・民芸・地酒のお土産情報
会津若松市のおすすめランチ特集
【会津若松市のランチ】会津のランチはここで食べらんしょ 会津若松市のおすすめランチ特集
会津若松市のおすすめ観光スポット
会津若松市のおすすめ観光スポット
喜多方市のおすすめ観光スポット
喜多方市のおすすめ観光スポット
会津の人気観光スポット七日町通り特集
会津の人気観光スポット七日町通り特集


会津若松市・喜多方市の観光
お土産・グルメ・美容・求人の情報なら↓↓↓



 

新着情報

2020.04.20

上菓子司 会津葵(あいづあおい)

◆会津葵(あいづあおい)
販売価格(税込)5ヶ箱入1,150円 8ヶ箱入1,850円 10ヶ箱入2,300円 
・キリシタン大名蒲生氏郷と、会津人参の貿易を一手に引き受けていた
長崎の豪商足立仁十郎により山国会津に南蛮文化がもたらされました。
この二つの潮流の接点に生まれたのが、秘伝の餡入りカステラ会津葵です。

◆あかべこ
販売価格(税込)8ヶ箱入1,150円 12ヶ箱入1,700円 
・柳津福満虚空蔵尊の石牛伝説にちなんだ、会津の代表的な求肥のお菓子です。
玄蕎麦、和三盆糖、大納言小豆の極上を使った独創のもので、
キメこまやかな舌触りは雪国会津のイメージです。

◆小法師(こぼうし
販売価格(税込)15ヶ箱入980円
・初市の十日市に並ぶ起き上がり小法師は、家族の数より一つ多く買い求めて
神棚に供える会津三縁起の一つです。縁起菓子小法師は小豆餡と白小豆黄身餡を用い、
石衣で包んで雪の情緒を表現しました。

会津の文化には、美を求める会津茶道と不思議な南蛮文化があります。
その文化を背景に、会津藩御用の茶屋問屋二文字屋治郎左衛門の系譜をもつ上菓子司会津葵は、異色の創案菓子を作っています。
ひとつひとつ丁寧に仕上げたお菓子は、それぞれに物語があり深い愛情と責任をもってお客様にお届けしています。

+++++++++++++++++++++++
店名:上菓子司 会津葵
(会津葵本店)
住所:〒965-0873会津若松市追手町4-18
電話番号:0242-26-5555
営業時間:9:00~18:00
(会津葵南蛮館)
住所:〒965-0037会津若松市中央1-2-46
電話番号:0242-22-2010
営業時間:9:00~18:00
(会津葵シルクロード文明館)
住所:〒965-0873会津若松市追手町4-6
電話番号:0242-27-1001
営業時間:11:00~19:00(土日10:00:~19:00)
+++++++++++++++++++++++

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと会津は一切の責任を負いません