お気に入り

メルマガ

シェア

アトピー・冷え性・体質改善等、患者さんの色々な悩みに寄り添った、丁寧な施術を目指し、より心地よくリラックスしてすごせる空間となっております。

喜多方市の鍼灸院|本格 東洋医学治療のむぎはり灸院

2021.04.16

アトピータイプ別診断(慢性期)

こんにちは。

むぎはりです。

ずいぶん久しぶりのブログ更新となってしまいました。春は何かと忙しいデスネ!

さてアトピーのタイプ別診断で前回は急性期のタイプわけをしました。

今回は慢性期です。

アトピーで慢性期??と不思議に思う方もいると思いますが、臨床で治療をしていく為には、アトピーを細分化して正しく見ていく必要がある為、症状の出方によって大きく分けて急性期と慢性期。そしてさらに細かく分類していく作業が必要になってくるのです。

ちなみに慢性期の大きな特徴はカサカサとゴワゴワといった皮膚症状ですかね。


・血虚風燥(けっきょふうそう)…カサカサタイプ
カサカサ、フケの様に皮がむける。皮膚がたるみ亀裂が出来やすい。

・陰虚内熱(いんきょないねつ)…ほてりタイプ
カサカサ、ほてり、のぼせを伴う乾燥。紅斑、口内炎、夜中の手足のほてり

・肝鬱気滞(かんうつきたい)…ストレスタイプ
イライラ、怒りっぽい、肌色の出来物、シミ

・脾虚湿盛(ひきょしっせい)…胃腸の弱りタイプ
赤みの薄い水疱、ジュクジュク、食欲不振、下痢気味

・脾腎陽虚(ひじんようきょ)…冷えタイプ
ジュクジュク、紅斑、ぶつぶつ、鱗屑、下痢、冷え


だいたいこんな感じでしょうか。

アトピー性皮膚炎を長く患っている方は特にですが、この中の一つ!というよりも複雑に絡み合って交互に出てくることもあります。

そして中医学のアトピーの治療はオーダーメイドの治療なので、結局は個人個人でケースバイケースとなってしまいますので一概には言えませんが治療は以下のように進みます。


①急性症状(赤み、ジュクジュク)=熱、湿を取り去る

②カサカサの治療=身体に潤いを持たせる

③再発防止の為、内臓の機能の強化


こんな感じで治療は進んでいくわけです。

前回も言いましたが、自分の状態を知ることがアトピー治療の第一段階ですので、皆さまも照らし合わせてみてくださいね!

むぎはりでした!


https://www.gurutto-aizu.com/db_img/cl_img/572/news/images/app_BmLaWY_202104161228.jpg
  • 喜多方市の鍼灸院|本格 東洋医学治療のむぎはり灸院

    喜多方市の鍼灸院|本格 東洋医学治療のむぎはり灸院

    キタカタシのハリキュウイン ホンカク トウヨウイガクチリョウノムギハリキュウイン

  • 〒966-0825 福島県喜多方市御清水南7356-3

    TEL:070-2798-4422

  • 詳しく見る

NEW新着記事

完全予約制
一人一人丁寧なカウンセリングを行いますので、お気軽にご相談下さい。
落ち着いた空間
リラックスした時間をお過ごし下さい。
商品ラインナップ
おうちでも手軽にできるお灸等、取り揃えております。
TEL:070-2798-4422

INFOインフォメーション

  • 喜多方市の鍼灸院|本格 東洋医学治療のむぎはり灸院
  • ■名称

    喜多方市の鍼灸院|本格 東洋医学治療のむぎはり灸院
  • ■フリガナ

    キタカタシのハリキュウイン ホンカク トウヨウイガクチリョウノムギハリキュウイン
  • ■住所

    〒966-0825 福島県喜多方市御清水南7356-3
  • ■TEL

    070-2798-4422
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ