大内宿観光協会からのお知らせ

財団の概要

財団の成り立ち
大内宿は昭和56年に、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されて以来、多くの観光客が訪れる県内でも有数の観光地となりました。
この間、町並みの保存や茅葺職人の育成、茅の確保など、さまざまな取り組みをしてきました。
半農半宿の宿場町であった大内宿は、明治以降、農林業を中心に冬場は出稼ぎによって生活を支える雪深い集落でした。
重要伝統的建造物群保存地区の選定を機に、徐々に観光客が増え、生活の主体が農業から観光業へとシフトしてきました。
今では観光が生業となり、若者が定住し、子育てができる集落となっています。
一方、選定から長い期間経過する事で、観光資源である町並み保存や周辺の景観保存よりも、自分たちの生活が優先され、農業は廃れ耕作放棄地が増え、田畑の多くが「山に返る」という農地の森林化が進み、本来あるべき里山景観の姿を壊し、現在は獣害に悩まされています。
町では、そんな状況を踏まえ、平成29年度から二年間にわたり、地区内の建造物調査をはじめ、周辺の農地山林の景観保全やこれまでの保存の仕組みの検証、保存計画見直しに関する課題整理など、将来の大内宿のあるべき姿を見据え、大学教授スタッフによる調査を実施しました。
大内宿を訪れる多くの観光客の皆さんに満足してお帰りいただく為、皆さんから頂いた駐車場収入を有効活用し、周辺農地を含めた保存整備を効率的に進め、かつ透明性のある運営組織の必要性から「一般財団法人 大内宿保存整備財団」を令和2年4月に立ち上げました。
 
 
財団の目的
この法人は、下郷町伝統的建造物群保存条例(昭和55年下郷町条例第13号)に基づき、重要伝統的建造物群保存地区に選定された下郷町大内宿建造物群保存地区(以下、「大内宿集落」という。)とそれらをとりまく地域の自然、歴史文化や景観、環境の保全・育成と定住促進、雇用創出などの活力あるまちづくりを促進し、住民の生活環境を向上させることにより、伝統的建造物群保存集落の価値を永く後世に継承し、地域発展及び振興に寄与することを目的とする。
 
事業内容
・大内宿集落を保存活用するための調査・研究、指導、助成、援助に関する事業
・大内宿集落の周辺地域の環境と景観を保全活用するための調査・研究、指導、助成、援助に関する事業
・大内宿集落とその周辺地域を保存・保全するための保護思想の普及啓発、知識の向上に関する事業
・伝統的行事・祭事を継承するための助成事業
・茅葺職人の育成に対する助成事業
・大内区内の空家対策事業
・大内宿集落とその周辺地域の観光まちづくり活動に関する事業
・その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

電子公告について
 
名称 一般財団法人大内宿保存整備財団
主たる事務所 福島県南会津郡下郷町大字大内字権現上372番地
法人設立の年月日 令和2年4月1日
理事長(代表理事) 只浦 豊次(令和2年4月1日就任)
主たる事務所の連絡先 0241-68-3611
登記番号  
公告アドレス http://ouchi-juku-zaidan.com
登記完了日  
   
 
登記簿謄本について
・登記簿謄本PDF  
   
定款について
・一般財団法人大内宿保存整備財団定款 PDF  
   
事業報告  
   
   
決算書