若喜商店(わかきしょうてん)レンガ蔵 【喜多方市】

Tel:0241-22-0010

喜多方市の蔵座敷 銘木で造られた縞柿の間

喜多方市の蔵座敷 銘木で造られた縞柿の間
明治37年に鉄道開通と三津谷レンガ工場が開設され、喜多方では多くのレンガの蔵が建てられました。
若喜商店レンガ蔵も、レンガ工場で製造された煉瓦を用い民間で初めて建設されたもので、軒の飾積みなどに精緻な仕事が見られます。内部の一階は、「柿の木」でつくられた「縞柿(しまがき)の間」。天井、鴨居、柱、座卓、火鉢等の調度品までが貴重な縞柿の木材で統一されています。二階は、「欅の間」(けやきのま)。総欅という贅をこらしたしつらえで、お客様を迎えるバルコニー風のポーチの入口と共に随所に工夫がなされています。
平成13年5月に店舗と共に「国の有形登録文化財」に認定され、後に経済産業省から「明治の近代化産業遺産」にも認定されました。

※見学無料(座敷蔵の中には入れません。2階は非公開)
※見学時間は午前9時30分〜午後4時30分頃

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
天然醸造醬油醸造元の【醬油ソフト】

若喜商店は、約260年前から続く味噌醤油店です。会津の大豆、小麦と、赤穂の天塩、飯豊山の伏流水で土蔵の木桶の中で長時間ゆっくりと熟成させた「天然醸造醬油」を造っています。
こだわりの醬油醸造店がおすすめするソフトクリームは、甘じょっぱいお醤油をとろ~りとかけた「醬油ソフト」。キャラメルソースのような、みたらし団子のような風味の不思議だけど美味しい喜多方の新しい名物です。

◆醬油ソフト:350円(カップ入)
画像2
なつかしい昭和の店【若喜.昭和館】

子どもの頃に遊んだ、懐かしいおもちゃとお菓子が、古い蔵のお店にところせましと並んでいます。
店内には、木製の電信柱や古い柱時計、秘密基地のような中2階には、昭和のプラモデルやヒーローもののフィギュアが展示してあります。
お父さん世代の子ども時代の、楽しい思い出が詰まった、タイムカプセルのようなお店です。

◆営業時間:⒑:00~15:00
◆営業期間:4月~11月(冬季12~3月は閉館)
画像3
【若喜商店 店舗 国登録有形文化財】

昭和6年に建てられた店舗は、土台はイタリアから取り寄せられたという大理石、壁材のタイルは東京の帝国ホテルで採用された「スクラッチス・タイル」を用いた洋風建築です。喜多方市を代表する歴史のある建造物です。敷地内には、8棟の蔵が現存しており、喜多方の蔵の歴史がの残されています。イベント蔵・夢空間では、赤ベこの手作り体験もできます。

◆店舗の営業時間:9:00~17:00
◆赤べこ絵付け教室:所要時間/約1時間
          定員/5~50名
          料金/1人1080円
※要予約:お問合せ0241-22-0010

インフォメーション Information

名称 若喜商店(わかきしょうてん)レンガ蔵 フリガナ ワカキショウテンレンガグラ
住所 〒966-0817
福島県喜多方市3丁目4786
TEL / FAX 0241-22-0010 / 0241-23-1446
お問合せの際に「ぐるっと会津を見た」とお伝えいただくとスムーズです
レンガ蔵見学時間 9:30~16:30頃 営業時間 若喜商店 9:00~17:00
昭和館 10:00~15:00
定休日 レンガ蔵・店舗 1月1日
昭和館 冬季12月~3月
駐車場 店舗南側に3台、昭和館脇から奥の広場へ5台駐車可能
備考 ぐつっとカードご提示で、味噌10%OFF、醬油10%OFF    

マップ&アクセス Map&Access

◆公共交通
JR喜多方駅:徒歩で12分、

◆自動車
磐越自動車道:会津若松IC20分喜多方方面20分

◆駐車場
店舗脇に3台駐車可、昭和館脇入ると5台駐車可