ピックアップニュース

2019.04.26

お金の悩み相談

Q.
30代、既婚で子どもはいません。
毎年、お正月・GW・お盆など、義理の姉や妹家族が帰省してくる度、甥や姪たちにお年玉やお小遣いを渡さなければなりません。
私には子どもがいないため、払う一方で金銭的に苦しいです。

A.
義理の兄弟を迎える側の共通の悩みですね。
私にも経験があります。
家々の習慣などもあるので一概に言えませんが、まずご主人はどう考えていらっしゃるのでしょうか。
甥や姪が何人いて、年齢は?
など詳細は分かりませんが、金銭的に苦しいことで負担を感じるのなら「自分たちのできる範囲で無理はしない」が基本です。
就学前はお菓子などのプレゼント、小学生は千円くらい、中学生は少し値上げ、そして高校生で終わりくらいであればそれほどの負担でもないかと思います。
それでなくても、迎える側は何かと出費が大変で見えない苦労があるものです。
元々「お年玉」は、その年の初めのお祝いとしてお餅を贈った風習がお金に変化したものです。
私は「お金」の大切さを教える良い機会と捉えています。
ご主人と相談して「伯母ちゃん、ちょっと大変だから今年はこれだけね。大事に使ってね」とさりげなく添え言葉をすればよいのではないでしょうか。