お気に入り

メルマガ

シェア

EVENTイベント

会津若松市 講演・文化・講和

企画展関連講演会「『発掘された日本列島2020』展ー特集1の見どころ」参加申込開始のお知らせ

企画展関連講演会「『発掘された日本列島2020』展ー特集1の見どころ」参加申込開始のお知らせ
秋の企画展「発掘された日本列島2020」
□講演会 申込制(先着順)各回定員 40名

■第1回「発掘された日本列島2020」展
~特集1のみどころ~
日時:10月10日(土)13:30~15:00
講師:芝康次郎さん(文化庁文化財産調査官)

特集1は、『日本列島の自然が育んだ多様な地域文化』と題し、南北に細長い日本列島の豊かな自然のもとで形成された多様な地域文化について紹介しています。
 巧みな旧石器人んの技、縄文土器の造形美、大陸文化と在来文化が交差した弥生時代、国家の成り立ちを示す古墳と埴輪のかわいらしさのギャップ・・・・・。
 特集1の見どころについて詳しくお話します。


■第2回 公地からたどる古墳時代の日本列島と東アジア
会津大塚山古墳・灰塚山古墳の櫛が語る事

日時:10月31日(土)13:30~15:00
講師:木沢尚子さん(公益財団法人元興寺文化財研究所主任研究員)

櫛は私たちの生活に密着した道具です。古くから用いられた道具だからこそ、技術の発達が反映され、時に文化領域を知る手がかりともなります。
 出土した櫛から見えてくる、東アジアの地域間交流について紹介いたします。

■第3回 ユネスコ世界遺産の記憶
「上野三碑」を読み解く
日時:11月15日(日)13:30~15:00
講師:角田慎也さん(高崎市教育委員会文化財団保護課長)
上野三碑普及推進会議 講師派遣事業

特別史跡「上野三碑」は群馬県高崎市にあります。それぞれ山上碑、多胡碑、金井沢碑といい、681年、711年、726年、に制作され、地域で大切に守られてきました。こうした価値が認められ、2017年にはユネスコ「世界の記憶」にも登録されました。
 この機会に「上野三碑」を詳しく知っていただきたいと思います。

※いずれも会場は福島県立博物館講堂。
申込は開催日の1ヶ月前から、博物館受付カウンターまたは電話(0242-28-6000)で承ります。
※新型コロナウイルス感染症の状況により予定が変更になる場合があります。


期間 2020.10.10~11.15
時間 13:30~15:00
場所 福島県立博物館講堂
住所 〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
参加費 無料
募集人数 40人

MAP開催場所

お問い合わせ 電話(0242-28-6000)
関連サイト http://general-museum.fcs.ed.jp/?frame_id=332
編集 投稿管理PASS :
編集
このイベント開催地の周辺情報

PERIPHERAL INFORMATION周辺施設