お気に入り

メルマガ

シェア

EVENTイベント

柳津町 展示・販売会

夏季企画展「斎藤清 異形のイメージ」

夏季企画展「斎藤清 異形のイメージ」
昨今、「怖い絵」がブームになっています。
つい最近も、日本近代の頽廃的でグロテスクな表現を紹介した展覧会に、
コロナ禍にも関わらず、多くの人が詰めかけ、大好評だったそうです。

「怖い絵」シリーズで知られる西洋文化史家の中野京子氏は言います―

「生ぬるい日常を揺さぶり、鈍麻した意識を覚醒させ、
それまで気づかなかった新たな美、新たな視点を知らしめることも芸術表現の一つだ。
そのため創り手は固有の鋭い感覚で、奇異、異様、異類、異体、そして怪の中に人間の本質を見出し、
且つ、それを巧みに描写して受け手に突きつけようとする」
(中野京子『異形のものたち 絵画の中の「怪」を読む』NHK出版 2021年)

実は斎藤清にも、ミステリアスな、ややもすると、こわいような作品が存在します。
意外でしょうか?
「モダンリアリスト」とも称された斎藤清。
常に現実にある風景やものを題材として、唯一無二のイメージを創り上げた画家。
一方で、若き日には、ムンクやルドン、ゴーギャンといった芸術家たちに魅かれ、
創作上のスランプに陥った60年代には、内向的・哲学的なテーマに取り組むことも。
何より、モティーフの本質を鋭く見抜く、たぐいまれなるまなざし。
そんな斎藤が描いたものの中に、時に底知れぬ深淵が潜むのは、むしろ当然なのではないでしょうか-

その深みにふれてもらうため、
本展は、「異形」をキーワードに、
少し変わった展示方法で作品を紹介します。
まずはイメージと向き合ってみてください。
かたち、色、光、影。
見慣れた作品のはずなのに、そこにただならぬ「何か」を感じたとき。
その作品は、まったく異なる姿で、あなたの前にたち現れるのです。

※新型コロナウィルス感染症拡散防止のため、開催期間や各種イベントが変更・中止になる場合がございます。
 その際は、当館HP等でお知らせいたします。
 ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

※月曜日休館(8/9は開館、翌8/10休館)
期間 2021.07.03~09.05
時間 9:00~16:30 (※最終入館は16:00まで)月曜日休館(8/9は開館、翌8/10休館)
場所 やないづ町立斎藤清美術館
住所 〒969-7201 福島県河沼郡柳津町柳津字下平乙187
参加費 観覧料:一般510円(410円) 高校・大学生300円(200円) 中学生以下無料 ※()は15名以上の団体料金
ドキュメント PDF
画像をクリックするとPDFが開きます

MAP開催場所

お問い合わせ やないづ町立斎藤清美術館
TEL:0241-42-3630
関連サイト http://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/exhibits/classification/current/
編集 投稿管理PASS :
編集
このイベント開催地の周辺情報

PERIPHERAL INFORMATION周辺施設