お気に入り

メルマガ

シェア


 
 

会津若松市・会津中央エリア
観光スポットをご紹介♪
 
福島県会津地方にある会津若松市は、会津平とも呼ばれる会津盆地にあります。
江戸時代には、会津藩の城下町として栄えた、会津地方の中心の町です。現在でも会津若松城(鶴ヶ城)や白虎隊などの、歴史的な観光スポットがあります。郷土料理の「こづゆ」や、伝統工芸品の「赤べこ」「起き上がり小法師」など、会津若松市には、見どころがいっぱい!

初めて訪れるという方に、会津若松市の人気の観光情報をご紹介します。
「あ、そこ聞いたことあるけど、どこにあるの?」そんな方もぜひこちらをご覧ください。



ー会津のシンボル、城下町観光なら!ー
 
市街地エリア
 
         
  会津鶴ヶ城(つるがじょう)


若松城は「鶴ヶ城」(つるがじょう)とも呼ばれ、 幕末戊辰戦争では1ヶ月の籠城戦に耐え抜いた 難攻不落の名城として有名です。
天守閣内の博物館では 会津の歴史を感じていただけるほか、 春は公園内にある千本の桜が咲き誇り、 秋は紅葉など一年を通じて 豊かな自然をお楽しみいただけます。
 
 
 鶴ヶ城の天守閣歴史博物館でもある日本で唯一の赤瓦の天守閣。夜には、四季に合わせて美しくライトアップされます。本丸にある茶室麟閣は、千利休の子・少庵が建てたと言われる茶室で、園内では、抹茶を楽しめます。
その他、椿坂の鏡石、武者走りの石垣、鐘撞堂、二の丸廊下橋、荒城の月碑、茶壺櫓、月見櫓、横矢がかり、御三階跡、走長屋など、歴史的な史跡が沢山あります。

   
▼お城近くのお店や歴史スポット・駐車場情報など▼

基本情報INFORMATION

名称 会津鶴ヶ城公園(あいづつるがじょうこうえん)
所在地 会津若松市追手町1-1
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「鶴ヶ城北口」下車-徒歩5分
高速バス「鶴ヶ城・合同庁舎前」で下車-徒歩8分
自動車:磐越自動車道・会津若松IC15分
駐車場(有料):西出丸駐車場200台/三の丸駐車場38台/南口駐車場/35台

アクセスマップMAP


 
     
 




         
   福島県立博物館

画像提供:元旦ビューティ工業株式会社

昭和61年に県立の総合博物館として開館した福島県立博物館。
旧石器時代から現代までの福島の歴史や文化を時代ごとに展示紹介しています。常設展だけではなく、企画展、ポイント展など様々なイベントを開催しています。
 
 
 会津鶴ヶ城公の東側にある福島県立博物館。福島県の古代から現代までの歴史、民族、自然の資料を展示している常設展はもとより、季節ごとに開催する企画展や特集展、特定のテーマで収蔵品を中心に紹介するテーマ展、特別に公開する資料などを1点から紹介するポイント展、福島県立博物館の収蔵品を県内の博物館・美術館等の文化施設で公開する移動展で、福島県の魅力を知ることが出来ます。その他、親子で楽しめる季節ごとのイベントや講座も人気です。
 
  

基本情報INFORMATION

名称 福島県立博物館(ふくしまけんりつはくぶつかん)
所在地 会津若松市城東町1-25
開館時間 9:30~17:00 (最終入館は16:30)
休館日 毎週月曜日/祝日の翌日/年末年始/臨時休館日
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「三の丸口」
自動車:会津若松IC20分
駐車場:無料駐車場有 
   

アクセスマップMAP


         
   蒲生氏郷の墓


漆黒の甲冑と「燕尾形兜」とも「鯰尾兜」とも呼ばれる兜で人気の、武将蒲生氏郷(がもううじさと)の墓は、辞世の句の碑と共に、瑞雲山光徳寺にあります。かつての光徳寺は、豊臣秀吉が太閤検地に会津に来た際に、宿泊したほどの大寺院でした。七日町、野口英世青春通りから、ほど近い場所にある墓所は、会津の隠れた観光の名所です。
 
 
 キリシタン大名とも知られ、会津の新しい町つくりを行い、現在の若松市の礎を築いた蒲生氏郷公。幼少の頃、織田信長に「只者にては有るべからず。」と言わしめ、元服には信長が、烏帽子親になるほどの人物でした。氏郷公は、京都市の黄梅寺に墓所がありますが、会津若松市の光徳寺の五輪塔には、遺髪があり、戦国武将としては白眉であると称されている辞世の句の碑が建っています。

  

基本情報INFORMATION

名称 蒲生氏郷の墓(がもううじさとのはか)
所在地 福島県会津若松市栄町2-12
アクセス 公共交通:会津若松駅-会津バス「神明通り」
自動車:会津若松IC約13分
駐車場:神明通り第一駐車場(有料)
   

アクセスマップMAP



         
   野口英世青春通り


Dr.野口・野口英世が青春を謳歌した町。レンガ敷の通りには、明治時代の古い町並みに、おしゃれなカフェが混在しています。七日町通りからも近く、会津の町歩き観光で人気のスポットです。ページ内では、観光施設の情報や、駐車場のご案内もしております。
 
 
 会津若松市の中心市街地にある野口英世青春通り。会津若松駅から大町通り、会津市役所付近まで結ぶ、レンガ敷きの通りです。医学者、野口英世が火傷を負った手の手術を受けた病院、会陽医院の跡や、洗礼を受けた栄町協会、初恋の女性である山内ヨネの旧宅など、英世が青春時代を過ごした街並みが今なお残っています。その他、野口英世青春広場の英世像は、人気の撮影ポイントになっています。
 
   

基本情報INFORMATION

名称 野口英世青春通り(のぐちひでよせんしゅんどおり)
所在地 会津若松市西栄町
アクセス 公共交通:会津若松駅-徒歩17分
まちなか周遊バス「野口英世青春広場前」「野口英世青春館」
自動車:会津若松ICから10分
駐車場:中町会津若松市観光駐車場(無料)
    
   

アクセスマップMAP


         
   七日町通り


会津若松市の人気観光スポットの七日町通りは、野口英世青春通り西側にあります。江戸時代には越後街道の経路で、米沢街道、下野街道にも続いていたため、問屋、旅龍などが建ち、栄えた街でした。今も大正浪漫の雰囲気が漂う街並みは、お土産や会津グルメ、ランチ、カフェが楽しめるエリアです。七日町駅(なぬかまちえき)は、まちなか周遊バスの発着所になっているので、会津の町歩き観光の要の場所です。
 
 
 会津若松市七日町通り(なのかまちどおり)は、明治大正の洋風建築や蔵店が、数多く残る町です。また、まちなか周遊バスの発着所にもなっている、七日町駅近くの阿弥陀寺には、鶴ヶ城から移設された御三階と、新選組の斎藤一の墓所があり、幕末の歴史も色濃く残っています。
昔ながらの会津漆器、会津絵ろうそく、酒造蔵、会津木綿、会津菓子、郷土料理の老舗に加え、おしゃれなカフェや会津のアンテナショップも通りに並び人気です。

    

基本情報INFORMATION

名称 七日町通り(なのかまちとおり)
住所 会津若松市七日町
アクセス 公共交通:JR七日町駅
    まちなか周遊バス七日町駅前停留所
自動車:会津若松インターICから2.7㎞
駐車場:中町市営観光客用無料駐車場普通車15台
     その他有料駐車場
   

アクセスマップMAP




白虎隊十九士の墓、さざえ堂
赤べこ絵付け体験なら!
 
飯盛山エリア
 
         
   飯盛山(いいもりやま)


戊辰戦争の悲劇の物語として語り継がれる白虎隊十九士の墓や、国の重要文化財に指定された会津さざえ堂、市天然記念物の太夫桜など、他にも多くの史跡が残る場所です。頂上からは会津若松市が一望出来ます。頂上までは183段の石段がありますが、スロープコンベアで楽に登れるので安心です。
 
 
 16、17歳の少年によって戊辰戦争時に編成された白虎隊士が、秋の冷たい水の中、戸ノ口堰洞穴を通りやっとの思いで辿り着いた飯盛山。その、戸ノ口堰洞穴や、白虎隊士自刃の場、十九隊士の墓とただ一人生き残った飯沼貞吉の墓、白虎隊士を称え贈られたイタリー記念碑とドイツ記念碑など、白虎隊にまつわる史跡が沢山あります。また、国指定重要文化財に指定されている、さざえ堂や宇賀神堂、白虎清水観音、巌島神社の寺社仏閣も多く在ります。

   

基本情報INFORMATION

名称 飯盛山(いいもりやま)
所在地 会津若松市一箕町八幡
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「飯盛山下」徒歩5分
自動車:会津若松IC約15分
駐車場:飯盛山市営観光客用無料駐車場80台
   

アクセスマップMAP


         
   手作り広場 番匠(ばんしょう)


会津を代表するはり子民芸品赤べこの製造元です。
赤べこの絵付け体験ができます。個人の方は予約なしでも大丈夫です。 会津若松のキャラクター「あかべぇ」の絵付け体験も大評判です。
 
 
 赤べこの製造元の番匠は、飯盛山と東山のほぼ真ん中にあります。木型に和紙を何枚も重ね、型抜きをして張り合わせてから、赤べこの色を下塗り、赤塗りと丁寧に塗っていきます。番匠では、そんな、職人の昔ながらの仕事風景を見学でき、また「体験ひろば」では、赤べこの絵付けをはじめ、会津塗りや会津切り絵などの体験が、一人から団体まで楽しむことができます。

  

基本情報INFORMATION

名称 手作り広場 番匠(ばんしょう)
所在地 会津若松市和田1-6-3
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「和田」
自動車:会津若松IC約15分
駐車場:有り
   

アクセスマップMAP




歴史ある日本庭園
家老屋敷、レトロな雰囲気の温泉街!
 
東山エリア
 
         
   会津松平氏庭園 御薬園


会津東山温泉近く、会津松平氏庭園の御薬園(おやくえん)は、池泉回遊式という池を中心に周囲の園路を所要時間1時間ほどで巡ることができる、江戸時代に発達した日本庭園です。歴史のある庭園で、抹茶や薬茶を楽しめる会津のおすすめ観光スポットです。
 
 
 会津の歴代の藩主が愛した、四季折々に花が咲き誇る、心字の池を中心にした回遊式庭園。はるかに広がる東山の風景を取り込んだ、素晴らしい景観です。御茶屋御殿(おちゃやごてん)や、池の真ん中に配された楽寿亭(じゅらくてい)には、戊申戦争時の刀傷が、今も残っています。また、祖父が会津藩主松平容保公である、秩父宮勢津子妃殿下ゆかりの重陽閣(ちょうようかく)も、移設されています。売店では、園内で栽培されている薬草と同じ品種のものを用いた、オリジナルのお茶をはじめ、20種類以上の薬草茶を取り揃えています。

  

基本情報INFORMATION

 
名称 国指定名勝 会津松平氏庭園 御薬園(おやくえん)
所在地 会津若松市花春8-1
開園時間 8:30~17:00 入場締切 16:30
定休日 無休
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「御薬園」「御薬園入口」 すぐ
自動車:会津若松IC約20分
駐車場(無料):普通車62台・大型バス8台

アクセスマップMAP


         
   会津慶山焼


鶴ヶ城・飯盛山・会津武家屋敷にほど近い会津慶山焼(けいざんやき)は、歴史の深い会津の陶工です。現在、会津慶山焼の窯元は1軒のみ。伝統的な技法をそのままに、独自の色彩のおしゃれな陶器を制作しています。

 
 
 蒲生氏郷公の時代に、お城の屋根瓦を焼き、その後、会津茶道に欠かせない茶器を生んできた会津慶山焼。現在、窯元は1軒のみです。昔ながらのロクロ、手びねり、タタラ作りで、ケヤキやモミの灰の釉を使い、何とも言えない風合いと優しい色彩を醸し出しています。陶芸教室では、実際に手びねりや絵付けの体験が出来ます。また、ギャラリーでは、ここにしかない、味わい深い陶工手作りの陶器を買い求めることが出来ます。

ルート① 御薬園から
ルート② 飯盛山から
 
 

基本情報INFORMATION

名称 会津慶山焼(あいづけいざんやき)
所在地 会津若松市東山町天寧67
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「石山停留所」
自動車:磐越自動車道会津若松IC15分
駐車場:有り

アクセスマップMAP


         
   会津武家屋敷


会津観光の人気のスポット、会津武家屋敷(あいづぶけやしき)。会津の歴史が体験でき、お土産・お食事も楽しめます。見学の所要時間は約1時間。無料駐車場完備、施設の入場料は、25名様以上で割引になります。
 
 
 会津藩松平家譜代家臣で代々家老職を務めた西郷頼母の、敷地面積2400坪の壮大な家老屋敷を中心に、徳川幕府直参 五千石の旗本、松平軍次郎の代官所だった旧中畑陣屋、白河藩で使用されていた水車を利用した精米所、茶室の嶺南庵麟閣など、歴史的建造物が多数、移設復元されています。また、学問にも造詣が深かった西郷頼母邸に建てられていた会津天満宮は、菅原神社をお祀りしており合格祈願にご利益があるそうです。

 
  

基本情報INFORMATION

名称 会津武家屋敷(あいづぶけやしき)
所在地 会津若松市東山町石山字院内1番地
開園時間 4月~11月 8:30~17:00 /12月~3月 9:00~16:30
定休日 年中無休
アクセス 公共交通:会津若松駅-まちなか周遊バス「会津武家屋敷前」
自動車:会津若松ICより約15分
駐車場(無料):普通車100台、大型バス20台

アクセスマップMAP


         
   会津東山温泉


会津鶴ヶ城や飯盛山の近く、会津若松市の奥座敷東山温泉は、明治の文化人から愛された温泉。日帰り温泉や足湯はもちろん、レトロな雰囲気の温泉街をのんびりと散策観光するのも人気です。東山の麓には、幕末の志士達の墓所があり、歴史好きの方におすすめです。
 
 
 民謡会津磐梯山の小原庄助さんのゆかりの地と言われている会津東山温泉。戊辰戦争で活躍した新選組の土方歳三や、近藤勇に関する史跡が近隣には多く残されています。また、明治時代には、数々の文人たちに愛され、竹下夢二や与謝野晶子も幾度も逗留しました。レトロな雰囲気の温泉街には、「神秘の小路」「岩山のl小路」「からり妓の小路」の、三本の散策コースがあり、会津東山の自然と歴史に触れる事ができます。また、源泉かけ流しの足湯処は、 屋根付きで、雨の日、日差しが強い日でもゆっくりと、川のせせらぎを聞きながら足湯を楽しめます。

 
  

基本情報INFORMATION

名称 会津東山温泉(あいづひがしやまおんせん)
所在地 会津若松市東山町大字湯本滝ノ湯
アクセス 公共交通:JR会津若松駅-まちなか周遊バス「東山温泉駅停留所」
自動車:会津若松IC約20分
 
   

アクセスマップMAP


         
   會津藩校 日新館


會津藩の最高学府として1803年に設立された藩校日新館を会津若松市河東町に完全復元。白虎隊を始めとするたくさんの若者たちが勉学や武術の稽古に励んだ場所です。授業風景を再現した展示物や武士道体験を通して、厳しくも楽しかったであろう武士の若者たちのスクールライフを体感することができます。
 
 
 日新館は全国の藩校のなかでも最大規模の敷地面積と最高レベルの教育水準を誇ったと言われています。入学は基本的には10歳からで、その生徒数は1000人を超えました。
現在は江戸時代当時の教育施設を忠実に再現。読み書きを学んだ東塾、上級学問所である大学、孔子が祀られた大成殿、そして全国の藩校で3校にしかなかったと言われる天文台や日本の学校で最初のスイミングプールと伝わる水練水馬池など、特色ある会津藩の教育に触れることができます。
弓道や絵付け(赤べこ、起き上がりこぼし、白虎刀)といった体験も充実。大人から子供まで武士の世界を楽しんでいただけます。

 
  

基本情報INFORMATION

名称 會津藩校 日新館(あいづはんこう にっしんかん)
所在地 福島県会津若松市河東町南高野高塚山10
アクセス  ■高速道路
磐越自動車道 会津若松I.C.から車で10分
磐越自動車道 磐梯河東I.C.から車で5分

■電車
東北新幹線で郡山へ。JR磐越西線に乗り換え「会津若松駅」または「広田駅」で下車。
・JR会津若松駅よりタクシーで15分、バスで30分
・JR広田駅よりタクシーで5分
アクセスマップMAP




武士の世界を体験
会津盆地を見渡す広大な庭園
 
河東エリア
 
         
   宗教法人法國寺会津別院 やすらぎの郷 会津村


会津若松市河東町にあるし「やすらぎの郷 会津村」 6万坪という広大な庭園は四季折々の花々が咲き、磐梯の峰を源とした水が流れ、野鳥が飛び交う庭園となっています。
 
 
 磐梯山のふもとの河東町、会津盆地を見渡す場所に会津村は、あります。高さ57mの会津慈母大観音像は、胎内に1万体の十二支御守本尊と千手観音像が祀ってあり、拝観することが出来ます。また、六万坪の大庭園には、13.4m巨大釈迦横臥像、奥会津より移設復元された曲屋、会津高田町(現会津美里町)に明暦元年に建てられた地蔵尊堂、南会津の杉で建立された三重搭などがあり、猪苗代湖が水源の観音滝が注ぐ、525坪の観音池を鑑賞しながらゆっくり散策が出来ます。

 
   
 

基本情報INFORMATION

名称 宗教法人法國寺会津別院 やすらぎの郷 会津村(あいづむら)
所在地 会津若松市河東町浅山字堂ヶ入7番地
開園時間 4月~11月・9:00~17:00 12月~3月・10:00~16:00
休園日 無休
アクセス 公共交通:会津若松駅-市営バス「会津村」
    広田駅-徒歩25分
自動車:磐梯河東IC約5分
駐車場:無料駐車場有
        

アクセスマップMAP


         
   会津強清水湧水


会津の強清水湧水(こわしみずゆうすい)は、古くから名水と知られ、清水を利用した名物の蕎麦や天ぷらが観光客や地元の人たちに人気です。
戊申戦争時には、白虎隊士が飯盛山で自害をする前に西軍と奮闘した場所でもあり、歴史的見どころも沢山あります。
 
 
 会津若松市街地から東に約12㎞、旧白川街道沿いにある強清水湧水。会津の名水として昔から知られており、旧二本松街道の休み処として栄えました。その名水に浸し、軟らかくしてから揚げる、乾物のスルメと身欠きニシンの天ぷらと饅頭の天ぷら、清涼な土地で生産された地元の蕎麦が、名物です。また、強清水の近くには、白虎隊が西軍と激戦を交えた史跡などが残されています。

 
   
 

基本情報INFORMATION

名称 会津強清水湧水(あいづこわしみずゆうすい)
所在地 会津若松市河東町八田下ノ家
アクセス 公共交通:会津若松駅-会津バス口原、原長谷川、湖南高校方面行き「強清水」
自動車:磐梯河東IC約6分
駐車場:有り
   

アクセスマップMAP




江戸時代に栄えた宿場町
幻の温泉郷
 
宿場町観光
 
         
   大内宿


江戸時代に栄えた町会津の宿場町です。情緒ある風景が昔のままに残っている「大内宿」では、 1年を通して様々な催し物が開催されているので季節を問わず楽しむ事が出来ます。長ネギをお箸の代わりにして食べるお蕎麦も人気です。
 
 
 茅葺屋根の民家が街道沿いに並ぶ大内宿は、江戸時代の会津西街道の半農半宿の宿場町。集落は、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、福島県を代表する観光地で、民宿や土産屋の他、箸の代わりにネギで食べる「ねぎそば」「岩魚の塩焼き」が有名です。大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館があり、当時の生活様式を知ることが出来ます。また、近隣には、湯野上温泉、搭のへつり、大内ダムなど、観光名所も沢山あります。

  

基本情報INFORMATION

名称 大内宿(おおうちじゅく)
所在地 南会津郡下郷町大内
アクセス 公共交通:湯野上温泉駅-バス(運行期間は4月~11月)「大内宿」
自動車:会津若松IC約55分
駐車場:有り(有料)
   

アクセスマップMAP


         
   会津芦ノ牧温泉


福島県 会津若松市にあり、渓谷美と湯量豊富な天然温泉が自慢の芦ノ牧温泉。温泉の開設は古く、千数百年前とされています。その昔行きつくのが困難だったため「幻の温泉郷」として伝えられてきました。
 
 
 大内宿、塔のへつり、鶴ヶ城、会津武家屋敷などの観光地も近く、会津若松市内からのアクセスも車で約25分と良好なので、ご宿泊にも日帰り温泉にもぴったり!芦ノ牧温泉駅は「ねこ駅長」がいる駅として有名で、会津線運転シミュレーターや、会津鉄道神社などがあり賑わっています。また、高台や見晴らしのよい絶好の場所に源泉かけ流しの足湯があり、身も心もリフレッシュできることでしょう!雄大な自然のなかで 会津の四季を肌で感じながら、時間を忘れてゆっくりとくつろげます。

 
 

基本情報INFORMATION

名称 会津芦ノ牧温泉(あいづあしのまきおんせん)
所在地 福島県会津若松市大戸町芦牧下夕平1082-4
アクセス 自動車:郡山JC » 磐越道・会津若松IC → 芦ノ牧温泉郷(約1時間15分)     
    白河IC » 289号線(甲子トンネル) → 芦ノ牧温泉郷(約1時間5分)
バ ス:会津若松駅 → 芦ノ牧温泉(約30分)

▼▼▼その他の特集ページはコチラから▼▼▼

 

会津若松市・喜多方市の観光名所や観光施設、イベント情報をご紹介!会津のお土産店や温泉旅館など、会津・喜多方を満喫できる情報を多数掲載しています。


喜多方市の観光スポット10選

会津のおすすめランチ情報

会津の人気お土産特集

会津若松のおすすめ居酒屋特集!

 



ぐるっと会津TOPへ