ぐるっと会津
 
  • 検索
  • かんしょ踊り保存会は、2012年の6月に設立しました。
    会津の伝統芸能「民謡」の代表格「会津磐梯山踊り」の起源と云われる「かんしょ踊り」を、もっと多くの方に知ってもらい、踊り継いでもらえるようにと、会を発足しました。

    ・かんしょ踊りについて
    戦後に「会津磐梯山踊り」が確立される以前は、「かんしょ踊り」が主流でした。
    「かんしょ」とは会津弁で「一心不乱、無我夢中になる様」を意味し、まさに言葉通り、当時は若者を中心に朝まで踊り明かしたそうです。
    「かんしょ」というだけあって、踊りのテンポは通常の盆踊りに比べて速く、躍動的な振りが特徴です。ただ、厳密には決まった振りはなく、それ故、誰でも自由に参加して踊れるという美点があったようです。

    ・かんしょ踊り保存会が目指すもの
    私たち保存会は、「かんしょ踊り」を通じて会津の伝統芸能「民謡」の起源・歴史を伝承、周知していくことを目的としています。
    また、踊り手や囃子の後継者育成、写真やVTRによる資料保存、さらには「かんしょ祭り」の復活継続を目的に活動していきます。
    会津の粋な文化を次世代に受け継ぐことで、若い世代が会津への郷土愛を愛でるきっかけとなれば、それほど嬉しいことはありません。

    ↓ かんしょ踊りを動画にまとめました ↓
    画像1
    毎月練習を行っています!
    画像2

    インフォメーション

    名称 会津の伝統 Bon-Dance(盆ダンス)|かんしょ踊り保存会
    フリガナ カンショオドリホゾンカイ
    住所 福島県会津若松市大町一丁目8-13(かくれ蔵 會や)
    TEL 0242-23-7494
    お問合せの際に「ぐるっと会津を見た」とお伝えいただくとスムーズです
    E-mail お問い合わせはこちら