ぐるっと会津
 
  • 検索

  • 日本の偉人、千円札の肖像にもなっている世界的な細菌学者、野口英世(のぐちひでよ)が青春時代に過ごした町。
    この通りは、1992年に野口英世青春通りの名前がつきました。

    幼少時におった、左手の火傷の手術を受けた会陽医院の跡や、洗礼を受けた教会、散髪に通った理髪店跡の店蔵、初恋の女性、山内ヨネの旧宅などがあり、野口英世が多感な青春時代を過ごした場所です。

    レンガ敷の「野口英世青春通り」には、雰囲気のあるカフェや、昔ながらの蔵店が並び、明治時代にタイムスリップしたような気分になります。
    七日町通りからも近く、会津のまち歩き観光に、おすすめのスポットです。



     
    画像1
    【野口英世青春館】

    明治17年に建築され、野口英世が3歳の時火傷をおった左手を手術した会陽医院跡。 英世が書生となり医学の勉強に励んだ場所です。ここで青春をすごし恋もしました。 建物の1階はカフェ、2階が野口英世青春館になっています。英世に関する様々な資料が展示されています。
    駐車場は、館前に2~3台。または、市営の中町市民広場無料駐車場をご利用下さい。


    **********************
    ・入館料:大人200円 小中学生100円
    ・無料:2~3台(中町市民広場無料駐車場)
    ・住所:〒965-9897
    福島県会津若松市中町4-18
    ・TEL:0242-27-3750
    ・営業時間:8:00~20:00
    ・定休日:1月1日
    **********************
    画像2
    【野口英世青春広場】

    入口の正面から、人気の記念撮影スポットの野口英世の銅像が見えます。 広場には飲食店屋やお土産店、幸せの想いを託して鳴らす「幸せの鐘」や、「青春ポスト」があります。通りのお店で販売している「自分への手紙~タイムカプセル郵便」を「青春ポスト」に投函すると、その手紙が5年後に届きます。また広場の入り口には、野口英世青春通りの地図があり、会津のまち歩き観光のお役に立ちます。

    **********************
    ・住所:〒965-0878
    福島県会津若松市中町1-23
    ・TEL:0242-38-2822
    **********************
    画像3
    【日本キリスト教団若松栄町教会】

    レンガ通りから、少し離れた場所にあります。 会陽院で書生として勉強していた野口英世は、藤生牧師夫妻の英語塾に通い、初恋の悩みや人生相談に乗ってもらいながら聖書に触れ 英世が18歳の時に洗礼を受けた教会です。後に移転したため当時の教会ではありませんが、白にブルーの可愛らしい外観は、会津のシンボル的な建物です。



    **********************
    ・住所:〒965-0877
    福島県会津若松市 西栄町8-36
    ・TEL:0242-38-2822
    **********************

    インフォメーション

    名称 会津の散策観光|野口英世青春通り(せいしゅんどおり)
    フリガナ ノグチヒデヨセイシュンドウリ
    住所 〒965-0877
    福島県会津若松市西栄町西栄町