ぐるっと会津
 
  • 検索
  • 会津若松市七日町通りは、大正浪漫の雰囲気が残る町。

    藩政時代には、会津五街道のうち日光、越後、米沢街道の主要道路が通り、城下の西の玄関口として、問屋や旅籠、料理屋が軒を連ねていました。
    明治時代以降も重要な通りとして繁栄を極め、昭和30年代頃までは、会津一の繁華街としてにぎわっていました。
    通りには、蔵、洋館、木造商家と、明治初期の建物が数多く建っており、手打そば、田楽、イタリアン、フレンチ、日本料理などバラエティに富んだ飲食店やスイーツ店、会津伝統の漆器、絵ろうそくの店、造り酒屋などが軒を連ね、町歩き観光に大変人気のある通りになっています。

    JR七日町駅の駅舎内には、会津市町村のアンテナショップの駅カフェがあり、会津全地域からこだわりの商品をそろえています。 カフェスペースは洋館風のレトロなインテリアで、ゆっくりカフェタイムを楽しむことが出来ます。

     
    画像1
    【阿弥陀寺・御三階・斎藤一墓所】

    かつては、鶴ヶ城の小天守として建造されていた御三階。明治3年に、阿弥陀寺に移されて仮本堂として置かれました。戊辰戦争で戦死した会津藩士の遺骸は、埋葬する事がゆるされていませんでしたが、阿弥陀寺と長命寺に限り、ゆるされていました。境内には、新鮮組副長助勤で三番隊組長の斎藤一(藤田五郎)の墓所もあり、毎年、会津新選組まつりとして、会津まつりの共催行事で、法要を兼ねた無外流居合が披露される墓前祭が行われます。

    住所:〒965-8691
    福島県会津若松市七日町4-20
    画像2
    【白木屋漆器店資料館】(シラキヤシッキテン)

    慶安年間創業の老舗です。大正3年会津初の洋風建築で、ルネッサンス様式を取り入れたモダンな建物です。外観は、建設当時の形状で維持管理されており、平成9年には、会津若松歴史的景観賞指定建造物に指定されました。資料館では、会津塗の多彩な漆や加飾技法、複雑な製造工程を展示案内しています。

    住所:〒965-8691
    福島県会津若松市大町1-2-10
    TEL:0242-22-0203
    画像3
    【まちなか周遊バス】

    30分間隔で運行している、まちなか周遊バスは、会津の観光めぐりに便利です。
    「ハイカラさん」は、古い中にも何か新しさを感じさせるレトロ調の、ボンネットバスです。
    ハイカラさんと逆回りの周遊バス「あかべぇ」は、赤ベコのイメージの可愛らしいバスです。

    まちなか周遊バスは、会津のシンボル、観光スポットを廻ります。お得な乗車券も販売しています。

    運行ルート・周遊バス詳細はコチラ

    インフォメーション

    名称 会津観光の人気スポット|七日町通り(なのかまちどおり)
    フリガナ ナノカマチドオリ
    住所 〒965-0044
    福島県会津若松市七日町