ぐるっと会津
 
  • 検索

お菓子・食品

松本家
松本家
◆水ようかん
松本家の名物は珍しい、小豆の粒入り水ようかん。東山温泉に泊まったら松本家の羊羹を買って帰るのが地元の方の定番。
価格:5本 874円~(要冷蔵)

◆湯の花羊かん
昔ながらの製法にこだわり、小豆・寒天・砂糖のみで造る無添加の羊羹は世代を問わず親しまれています。
価格:5本 626円~

◆塩糀羊羹
味噌が自慢の会津天宝とコラボをして出来上がった逸品。塩糀がしょっぱさだけでなく旨味も引き出し、女性を中心に人気を集めています。
価格:6ヶ入 648円(塩糀味:4ヶ 煉味:2ヶ)

創業文政二年。当初は東山温泉に訪れる湯治客にお茶菓子として羊羹を振る舞っていた事が始まりと言われています。その羊羹が評判で、以後、名を「松本家」に改め、羊羹一筋で商いをし、今日までたくさんの方に愛され続けております。

+++++++++++++++++++++++
店名:松本家
住所:会津若松市東山町湯本123
電話番号:0242-27-2009
営業時間:8:00~17:00
定休日:毎週水曜日の午後休み
松本家の詳細はこちらから
+++++++++++++++++++++++

 
馬さしの鈴静
馬さしの鈴静
会津若松名物「馬刺し」。
「福島・会津の美味しい馬刺しを食べて欲しい」
先代から受け継いだ想いを届け、お客様の声に支えられ60年以上となりました。
新鮮で「本当の良いもの」をこれからもご提供させていただきます。

当店1番人気は、口の中でとろけるような食感の「馬刺しロース」。この他、コリコリとした歯ごたえでプリプリの食感がたまらない「モツ刺し」や「たてがみ」などもございます。店舗販売だけでなく地方発送も承っています。是非一度会津の馬刺しをご賞味ください。

馬さしの鈴静の詳しい情報はコチラから

+++++++++++++++++++++++
店名:馬さしの鈴静
住所:会津若松市西七日町3-3
電話番号:0242-22-2488
営業時間:10:00~19:00
+++++++++++++++++++++++
 
會津柏屋
會津柏屋
◆柏屋薄皮饅頭(画像:上段)
「こし」は、北海道産の小豆でしっとり自家製餡。
上品でなめらか、口どけのよさとさらっとさわやかな甘味をお楽しみください。
「つぶ」は、北海道産の小豆をふっくら炊き上げた自家製餡を使用。
甘さひかえめ、小豆本来の素朴な風味と、ふくらとしたつぶの食感がお楽しみいただけます。

◆胡桃 (画像:右)
自家炊きのくるみ餡を、くるみとチーズ風味の生地で包んで、しっとり香ばしく焼き上げました。
 
◆檸檬(れも) (画像:左)
牧場からの贈り物は、とびきり新鮮なミルクとやさしいクリームチーズ。おいしく包んで、しっとり丹念に焼き上げました。ほのかなレモン風味と、口どけのよさをお楽しみください。



+++++++++++++++++++++++
柏屋の詳細はコチラ
+++++++++++++++++++++++
来夢 喜多方本店
来夢 喜多方本店
◆来夢特製ふわとろチャーシュー
・真空チャーシュー

(販売価格)1,300円前後(大きさにより価格が変わります)
◆来夢オリジナルお土産ラーメン
(販売価格)・ 5食入り(正油3食・味噌2食) 1箱 1,080円 
◆お土産餃子
(販売価格)・ニンニク入り30個入り 1袋 1,296円
◆お土産野菜餃子
(販売価格)・ニンニク無し30個入り 1袋 1,296円

創業30年の来夢喜多方本店。当店名物のふわっとしてとろけるチャーシューは、しっかりとあぶら抜きをしているので女性の方にも好評です。真空パックとなっていますのでお土産にもご利用ください。このほか、来夢オリジナルお土産ラーメン、オリジナルお土産餃子もございます。餃子はにんにくなしもお選びいただけ大変好評頂いております。ぜひお試しください。


+++++++++++++++++++++++
店名:来夢 喜多方本店
住所:喜多方市宇稲荷宮7
電話番号:0241-23-0287
営業時間:11:00~22:00
+++++++++++++++++++++++
會津一國庵(いっこくあん) オノギ食品
會津一國庵(いっこくあん) オノギ食品

◆会津武者煎餅
◆会津のこづゆ(料理セット)
◆愛津ラスク


会津の銘菓、会津武者煎餅は落花生の香ばしい味と香りで,
人気No.1商品です。会津のこづゆ(料理セット)は誰でも簡単に会津の郷土料理を楽しめます。
その他、ミルクチョコとホワイトチョコの愛津ラスクも大変好評です。
会津の甘い味から辛いものまでたくさん取り揃えております。
ぜひお立ち寄りください。


+++++++++++++++++++++++
會津一國庵(いっこくあん)
オノギ食品の詳細はこちら

+++++++++++++++++++++++
会津幸泉小法師
会津幸泉小法師
◆小法師焼き
◆花豆
◆お豆十種ミックス(おくや)
◆喜多方ラーメン喜多の舞(喜多方麺茶屋)
 


当店では会津民芸品や名物など充実した品揃えの会津みやげをご用意いたしております。お土産の他にも、赤べこの絵付け体験や白虎隊剣舞をご覧いただけます。又、観光客の皆様にごゆっくり楽しんでいただけるようお食事処もございます。喜多方ラーメン・ソースカツ丼・高遠そばなど、会津の味をぜひご賞味ください。

+++++++++++++++++++++++
店名:会津幸泉小法師
住所:会津若松市一箕町大字八幡字牛ヶ墓236-1
電話番号:0242-85-6218
営業時間
1月~3月・12月9:00~16:30
4月~11月8:30~17:00
無休
会津幸泉小法師の詳細はコチラ
+++++++++++++++++++++++
 
合資会社 荒木製菓
合資会社 荒木製菓
◆会津荒木家ごまみそせん
・1箱24枚入り / 1,050円
・1袋15枚入り / 600円


「会津の人はがんこだからなし」ごまみそせんを作り出す職人もがんこ一徹会津人。
こだわりの味噌はもろみから自家仕込み会津坂下の名醸「高砂屋」。
ごまは厳選した国内加工白ごま。味を支えるのは素材、引き出すのはがんこ職人の技術と気迫。
1枚あたりティースプーン1杯のごまの香り、味噌の旨味。
ごまみそせんは世代を超えて愛されています。「なじょだし、食べてくなんしょ」

+++++++++++++++++++++++
店名:合資会社 荒木製菓
住所:〒965-0057 福島県会津若松市町北町藤室藤室736
電話番号:0242-33-9755
営業時間:8:00~17:00
定休日:無休
販売箇所:ヨークベニマル / 東山温泉 / 芦ノ牧温泉 / 観光ドライブイン各所  etc.

cafe Patisserie Ar.(カフェ パティスリーアール)
にて購入も可能です。店舗詳細はコチラ。

+++++++++++++++++++++++
 
河京ラーメン館 猪苗代店
河京ラーメン館 猪苗代店
◆熟成多加水麺
・5食入り 1,200円+税 3食入り 720円+税
河京オリジナルの自慢の一品!加水率は40%を超えツルツルシコシコ。
まるでお店で食べている様な、モチモチ感を、こくのあるスープと一緒にお楽しみ下さい。


◆厚み
・4食入り 1,600円+税
モチモチツルツルの麺の秘密は、一等級の小麦粉。独自の配合でブレンドした2種類の小麦粉に、名水百選に選定された「栂峰(つがみね)渓流水」を加え、じっくりと熟成させています。低温でじっくりと煮込んだやわらかい本格自家製チャーシューとメンマ付です。 

ブロックチャーシュー
・450g  1,480円+税
本格自家製チャーシューがご自宅でも手軽に食べられます。
ラーメン、チャーハン、チャーシュー丼、おつまみになんでもいけちゃいます。
冷蔵で10日間は保存できます。
通常2,200円ですが、店舗限定価格の1,550円で販売しております。


+++++++++++++++++++++++
河京ラーメン館猪苗代店の詳細はこちら
+++++++++++++++++++++++
八二醸造
八二醸造
◆こだわり味噌
国産大豆、会津こしひかり米100%でゆっくり時間をかけて仕込みました

◆会津地醤油ひしお
木桶で完熟させたもろみを使用。 お刺身やおひたし等に最適です。

◆会津練り三五八
三五八は塩が三、こうじが五、米が八の割合でじっくりと熟成させた会津独自の一夜漬けの素です。


会津の西、坂下町で創業寛政二年(1790年)から八代続く老舗の味噌醤油醸造店。二百年の伝統の味をまもり続けています。
会津の清澄な水と空気に育まれた昔ながらの”うま味”のある手作りの味です。中でも人気の商品「会津醤油「醤(ひしお)」は木樽でじっくり2年間完熟させたもろみだけを使用した一番搾りの吟醸醤油。
店舗は商店街の中央に位置する本格的な商家造りとなっており、蔵座敷の大きな黒漆喰の扉や江戸時代から使っている帳場など、老舗の歴史と風格を感じます。

+++++++++++++++++++++++
店名:八二醸造有限会社
住所:河沼郡会津坂下町市中二番甲3631
電話番号:0242-83-2051
+++++++++++++++++++++++

 
白虎堂
白虎堂
◆あいづじょっこ
・かるい歯ざわりのアーモンドクッキーがかわいらしい会津じょっこ(女の子)を思い出させます。

◆万葉集 会津嶺の歌
・洋酒の香りの和風クッキー。深みのある味わいは万葉の古を感じさせます。

◆獅子太鼓
・りんごの飴をソフトカステラではさみました。りんごの甘酢っぱさと軽やかなカステラの甘さがとても良くあいます。


現代で四代目になる白虎堂は、明治四十一年に斉藤清によって創業されました。もち米、大麦もやしで作った飴の販売から始めました。今でも白虎堂の菓子工場では当時使用された飴の箱が大切に使い続けられています。
会津路の菓子処としてこの箱を使い続けることが創業者の菓子作りへの思いを受け継ぐことであると思っています。


+++++++++++++++++++++++
店名:会津路菓子処 白虎堂
住所:会津若松市馬場町1-51
電話番号:0242-22-1123
営業時間
8:30~19:00
(日祝9:00~17:30)
不定休
+++++++++++++++++++++++
 
会津若松 本家長門屋
会津若松 本家長門屋
◆Fly Me The Moon 羊羹ファンタジア(2017.4月発売)
(販売価格)3,500円(税込)
・切る度に出てくる絵柄が変化し、三日月から満月へ羽ばたいていく羊羹です。
パッケージは、浪江町出身の日本画家舛田玲香さんの描き下ろしで、ファンタジーの世界を表現しました。

◆くるみゆべし 花雪(はなゆき)
(販売価格)・5個入袋580円 ・10個入1,160円 ・20個入2,320円 (税込)
・雪国会津に生まれたどこか懐かしい味

◆香木実(かぐのきのみ)
(販売価格)・17個入1,900円 ・桐箱入4,100円 (税込)
・最高級品質の鬼クルミを上質な餡で丸ごと贅沢に包みました。クルミのほろ苦さが洗練された上質な味わいを奏でます。

◆貝千年(かいせんねん)
(販売価格)・一個450円 ・2個箱1,000円 ・3個箱1,450円 ・5個箱2,350円 (税込)
・可愛らしい貝の形をした和三盆糖の詰合せ。天然のハマグリの中に入っております。食べた後は、貝殻を利用して、貝笛や貝合わせなどにもご利用頂けます。

◆とり飴・だるま飴
(販売価格)・ケース入り160円
・藩主に命じられてはじめた飴づくり。紅花やクチナシの天然色素で色付けしたとりの形は、「おしどり」にもつながる家庭円満の象徴です。
七転び八起きのだるまさんは、まめに丈夫に過ごせるように黒豆を目にしています。


◆会津駄菓子
(販売価格)・お徳用袋セット ・6種入り920円(税込)
・当店の看板商品会津駄菓子の人気詰合わせです。ほのぼのと懐かしいお菓子に思わず笑顔がはじけます。

本家長門屋は、天保の大規模で苦しむ庶民を案じ、会津藩主の松平容敬(かたたか)から「庶民のために菓子を」と命を受け江戸後期に創業しました。
民を想う藩主に応えた「創業のへの想い」と「会津の精神」は今も長門屋に息づいています。

+++++++++++++++++++++++
店名:会津若松 本家長門屋
(本店)
住所:〒965-0865会津若松市川原町2-10
電話番号:0242-27-1358
営業時間:9:00~17:30
定休日:年末年始を除き年中無休
+++++++++++++++++++++++
お菓子の蔵 太郎庵
お菓子の蔵 太郎庵
◆会津の天神様
(販売価格)5個入り 740円
・ふんわりとした甘味のあるカステラに、塩味のきいたフレッシュチーズクリームをサンド。
太郎庵の一番人気商品です。

会津チーズ饅頭くいっちぃ
(販売価格)5個入り 540円
・チーズの食感をそのままに楽しめ、皮にもチーズを練りこんだ香り高い洋風焼きまんじゅうです。

◆めーぷるばーむ
(販売価格)14㎝×3.8㎝ 1,188円
・会津米粉を使用し、メープルの香り豊かに仕上げたふんわりバームクーヘン。
バーム博覧会で福島県代表に選ばれた逸品です。


+++++++++++++++++++++++
店名:太郎庵本社・工場売店
住所
:〒969-6515 福島県河沼郡会津坂下町字福原前4108-1
電話番号:0242-83-3404
営業時間:9:00~19:00
定休日:年中無休(元日お休み)
エリア店舗情報:会津総本店/七日町菓房/会津城南店/にいてら工房店/西栄町店/猪苗代店/喜多方店/塩川店/会津高田店/会津坂下店/会津田島店
+++++++++++++++++++++++
どら焼のどらや
どら焼のどらや
◆しっとり系
どら焼の皮へこだわり、しっとりして柔らかい食感。

◆ふっくら系
どら焼の皮へこだわり、ふんわり弾力があり軽い食感。
こちらは会津若松店のみの取り扱いとなります。


会津磐梯山のふもと、猪苗代の小さな里に生まれた「どらや」。
創業以来どら焼一筋、ふっくら、しっとり ひとつひとつ心を込めて
作らせていただいております。
定番の生どら焼、三色どら焼、白あんどら焼、その他ナッツや
フルーツを挟んだどら焼など種類豊富にして皆様をお待ちしております。
季節限定の商品もございますのでその時期の美味しいものを是非味わってください。

+++++++++++++++++++++++
店名:どら焼のどらや 会津若松店
住所:〒965-0005
会津若松市一箕町大字亀賀字郷之原160-1
電話番号:0242-23-7717
営業時間:9:00~20:00
+++++++++++++++++++++++
店名:どら焼のどらや 猪苗代店
住所:〒969-2752
耶麻郡猪苗代町大字蚕養字上村南乙2292
電話番号:0242-64-2038
営業時間:8:00~17:00
+++++++++++++++++++++++
三万石
三万石
◆ままどおる(画像上段)
ずっと変わらないやさしい味わいの「ままどおる」。
バターを使った生地で、ミルク味のあんを包み込んだ焼き菓子です。
「ままどおる」はスペイン語の「お乳を飲む子」に由来しています。
三万石の代表銘菓としておなじみです。

◆くるみ柚餅子(画像左)
くるみが入ったお醤油風味の餅菓子です。
ひとくちサイズの食べやすさが好評です。

◆塩まん(画像右)
刻み栗を粒餡で包み、もち米の粉で型打ちしました。
塩味をほのかにきかせた上品な和菓子です。


+++++++++++++++++++++++
店舗:三万石 会津若松店
住所:会津若松市中央1-2-26
TEL:0242-25-3152
定休日:年中無休
営業時間 9:30~19:00
エリア店舗情報:会津城前店/会津門田店/喜多方店

+++++++++++++++++++++++
会津喜多方ラーメン館本店
会津喜多方ラーメン館本店
◆熟成多加水麺
・5食入り 1,200円+税 3食入り 720円+税
河京オリジナルの自慢の一品!加水率は40%を超えツルツルシコシコ。
まるでお店で食べている様な、モチモチ感を、こくのあるスープと一緒にお楽しみ下さい。


◆厚み
・4食入り 1,600円+税
モチモチツルツルの麺の秘密は、一等級の小麦粉。独自の配合でブレンドした2種類の小麦粉に、名水百選に選定された「栂峰(つがみね)渓流水」を加え、じっくりと熟成させています。低温でじっくりと煮込んだやわらかい本格自家製チャーシューとメンマ付です。 

ブロックチャーシュー
・450g  1,480円+税
本格自家製チャーシューがご自宅でも手軽に食べられます。
ラーメン、チャーハン、チャーシュー丼、おつまみになんでもいけちゃいます。
冷蔵で10日間は保存できます。
通常2,200円ですが、店舗限定価格の1,550円で販売しております。


+++++++++++++++++++++++
店名:会津喜多方ラーメン館本店
住所:〒966-0821
福島県喜多方市梅竹1
電話番号:0241-21-1414
営業時間:10:00~17:30
定休日:12/31、1/1
+++++++++++++++++++++++
上菓子司 会津葵(あいづあおい)
上菓子司 会津葵(あいづあおい)
◆会津葵(あいづあおい)
販売価格(税込)5ヶ箱入1,150円 8ヶ箱入1,850円 10ヶ箱入2,300円 
・キリシタン大名蒲生氏郷と、会津人参の貿易を一手に引き受けていた
長崎の豪商足立仁十郎により山国会津に南蛮文化がもたらされました。
この二つの潮流の接点に生まれたのが、秘伝の餡入りカステラ会津葵です。

◆あかべこ
販売価格(税込)8ヶ箱入1,150円 12ヶ箱入1,700円 
・柳津福満虚空蔵尊の石牛伝説にちなんだ、会津の代表的な求肥のお菓子です。
玄蕎麦、和三盆糖、大納言小豆の極上を使った独創のもので、
キメこまやかな舌触りは雪国会津のイメージです。

◆小法師(こぼうし
販売価格(税込)15ヶ箱入980円
・初市の十日市に並ぶ起き上がり小法師は、家族の数より一つ多く買い求めて
神棚に供える会津三縁起の一つです。縁起菓子小法師は小豆餡と白小豆黄身餡を用い、
石衣で包んで雪の情緒を表現しました。

会津の文化には、美を求める会津茶道と不思議な南蛮文化があります。
その文化を背景に、会津藩御用の茶屋問屋二文字屋治郎左衛門の系譜をもつ上菓子司会津葵は、異色の創案菓子を作っています。
ひとつひとつ丁寧に仕上げたお菓子は、それぞれに物語があり深い愛情と責任をもってお客様にお届けしています。

+++++++++++++++++++++++
店名:上菓子司 会津葵
(会津葵本店)
住所:〒965-0873会津若松市追手町4-18
電話番号:0242-26-5555
営業時間:9:00~18:00
(会津葵南蛮館)
住所:〒965-0037会津若松市中央1-2-46
電話番号:0242-22-2010
営業時間:9:00~18:00
(会津葵シルクロード文明館)
住所:〒965-0873会津若松市追手町4-6
電話番号:0242-27-1001
営業時間:11:00~19:00(土日10:00:~19:00)
+++++++++++++++++++++++
庄助製菓本舗
庄助製菓本舗
◆会津銘菓 宝の山
会津磐梯山の別名「宝の山」の名が付いたサブレです。
ごつごつとした見た目ですがサクサクで香ばしい甘さです。
パッケージには会津磐梯山の民謡が書かれております。
全国菓子大博覧会で名誉金賞受賞のお菓子をぜひご賞味ください。



+++++++++++++++++++++++
店名:庄助製菓本舗
住所:会津若松市日新町16-40
電話番号:0242-27-0287
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日
+++++++++++++++++++++++